お花見日和

お花見に行く時の必需品

お花見に行く時、ただ公園などを歩いて桜を見るだけであればそれほど準備をする必要はありません。
強いて言えば、場所によっては歩きにくい場所などがある場合もあるので、動きやすい服装、慣れている靴で行く方が良いでしょう。
また、そこで何かを食べたりする場合は敷物を忘れないようにします。
今では一人用などもあるし、少し分厚いタイプの物もあるので、それを利用する方法もあります。
分厚いタイプは地面の固さがダイレクトに届かないようにする事が出来るので、長時間座っていたとしてもお尻が痛くなってしまったりする事も少なくなるでしょう。
もう一つ持って行くと良いのがウェットティッシュです.
何かを食べる時等は、案外手や口などが汚れてしまう事も少なくありませんが、大勢の人が訪れる場合トイレなどにも大勢の人が来ていてなかなか簡単に手を洗ったりする事が出来ない場合も少なくありません。
そんな時にウェットティッシュを持っていれば、水が無かったとしてもきれいにする事が出来ます。
大きなタイプを持ち歩く必要は全くないので、お花見に行く時はバッグに一つ、ポケットティッシュ程度の大きさの物でも良いのでウェットティッシュを持って行くと便利です。

お花見のマナーについて

お花見は会社の同僚や気のあった友人たちと集まって、桜の下でお酒や食べ物を楽しむ行事です。大人数で集まることが多いので盛り上がりますが、最低限守らなければならないマナーがあります。お花見の主役はあくまでも桜なので、桜に悪影響を与えないようにします。どんなに綺麗に咲いていても、枝を折って外観を損なうことは禁止です。枝に当たるなど不注意で折れてしまった場合は、放置しないで後片付けをします。意外とやってしまいがちなのが、根の上にシートを敷くことです。なるべく桜を見られる場所にシートを置きたいために桜に近づけますが、根の上に座れば桜に負担がかかります。場所取りをするのは責任重大ですが、他のグループもお花見を楽しみにしているので、必要なスペースだけを確保します。またお花見スポットの周辺には、住宅が並んでいることも少なくありません。住民は毎年綺麗な桜を身近に感じることができますが、花見客の騒音に悩まされています。盛り上がって気分が高揚する場合でも、時間を考えて声のボリュームを調整します。場所によっては火気厳禁と看板を立てていることもあるので、バーベキューや焼肉を予定しているグループは事前に確認しておきます。

Valuable information

ハロウィンの仮装ウィッグを用意するなら、是非ご利用ください。

ハロウィンの仮装ウィッグを準備

開店祝い・就任祝い・新築祝い・開業祝い・など御祝いの花はもちろん、お悔やみの花にも対応いたします。

胡蝶蘭専門店

芸能の専門学校をお探しなら、ぜひお問い合わせください。

芸能の専門学校を探す

最終更新日:2017/9/21