お花見日和

夜桜でお花見をする時に知っておくと良い事

昼間にお花見をするのも良いのですが、夜桜見物と言うのもなかなか風情があり楽しい物です。
ただ、4月とは言ってもまだ夜はどうしても寒さを感じてしまう事も少なくありません。
昼間のお花見の時にはそれ程気を付けなくても良いのですが、夜桜を堪能する時には温度調整しやすい服装を心掛けるというのが必要です。
特に気を付けたいのが、日中が晴れている時です。
昼に晴れているとどうしても薄着で出かけてしまう人も少なくありませんが、そうすると夜間にぐっと冷えて寒い思いをしてしまう事も少なくありません。
薄手のコートが必要な時もある位、夜間はまだ冷える事もあります。
出来れば昼間に暖かな日でも、夜桜を楽しむ時には1枚羽織る物を用意しておきましょう。
また夜桜はとても風情がありますが、場所によっては近隣の人の迷惑にもなってしまう事があります。
時間には充分気を付け、話す声、楽しむ声などが周りにどのように聞こえるかも気を付けておくと、より気持ち良くお花見をする事が出来るでしょう。

ムード漂う夜桜をバックにしたお花見の宴

夜桜で有名なスポットは、宴会に利用されることが多々あります。屋外の宴会のため、お花見は独特の開放感を伴います。しかし注意すべき点が幾つかあります。宴会特有の泥酔者や賑やかさで周囲に迷惑をかけないことは当然のことですが、場所の確保や終宴後の始末などです。夜桜で有名なスポットは、人が多く場所を確保しにくいため、早い時間から場所を抑えなければなりません。場所としては、お花見が楽しめ地面が平らになっている場所を選ぶと良いでしょう。斜面や砂利の多い場所では宴を楽しみにくくなります。また美しい夜桜を見ることができるイルミネーション点灯や開園も時間が限られているため、事前に時間を確認し、宴を始める時間に気を付けたい所です。せっかく宴を始めても、1時間も経たない間に終えなければならなくなる場合もあるからです。自分たちで準備することは数多くとも、いつもの座敷でやる宴会とは趣向の異なる開放的な宴会になります。

おすすめWEBサイト

ペンライトなら
http://penlightfarm.com/

2016/6/27 更新